日本交響楽団は、小山市立文化センターが音楽愛好家に 呼びかけ活動するコミュニティ・オーケストラです。

指揮者・指導者陣のご紹介

首席客演指揮者

高山 健児 (Kenji Takayama)

読売日本交響楽団コントラバス奏者
大阪府出身。東京都立富士高校でオーケストラに出会い、コントラバスを始める。 早稲田大学で独文学を専攻、卒業後、録音技師として勤務する中で 演奏家への道を志し、桐朋学園大学コントラバス科へ進学。 在学中から全国のプロオーケストラに出演。 数多くの名指揮者のもとで演奏経験を積む。同大学卒業後、研究科修了。 フリーのコントラバス奏者としての活動を経て、読売日本交響楽団に入団。 オーケストラの活動のほか、ソリストとして、また室内楽奏者としても活躍している。現在まで、20年にわたって数多くのアマチュアオーケストラを指導。 指揮者の代行として、オーケストラ経験や研究に根ざした緻密なトレーニングを 展開し続けている。
concept_02

 

ゲストコンサートミストレス・弦トレーナー

上保 朋子 (Tomoko Joho)

栃木県小山市在住
4歳からピアノとヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。
これまでに、山田かをる、松原広地、坂口真紀、鷲見健彰、石井志都子の各氏に師事。
現在、オーケストラ、室内楽、ソロ、TV番組の収録、アーティストのサポートなど多方面で活動。
WAO弦楽四重奏団第一ヴァイオリン奏者。
MCFオーケストラとちぎ コンサートミストレス。
小山評定ふるさと大使。

 

弦トレーナー

生沼 晴嗣 (Seiji Oinuma)

栃木県下野市出身、小山市在住。
東京芸術大学附属高校を経て、1970年、同大学卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。1973年退団。
故岩本政蔵、故井上武雄、故浅妻文樹、イツァーク・ショッテンの各氏に師事。
その後、古典音楽協会室内合奏団、東京ゾリステン室内合奏団を経て、1976年より、巌本真理弦楽四重奏団にて活躍。巌本氏亡き後、ソロ及び室内楽の分野で幅広く活動し、1992年より読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者に就任。2012年3月退団。
日本大学芸術学部講師。
MCFオーケストラとちぎ首席ヴィオラ奏者。
WAO弦楽四重奏団ヴィオラ奏者。
小山評定ふるさと大使。

第12回定期演奏会 指揮者

米津 俊広 (Toshihiro Yonezu)

 1972年愛知県生まれ。東京音楽大学にて指揮を広上淳一、紙谷一衞各氏に師事。東京音楽大学在学 中より指揮活動を開始。日本各地のオーケストラ、オペラ等の客演を重ね、2006年、スロヴェニア・ フィルハーモニー管弦楽団音楽監督ジョージ・ペーリヴァニアン氏の推薦により同管弦楽団のアシスタントコンダクターとして渡欧、2010年まで研鑽を積んだ。
 2006年、スロヴェニア・フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会「モーツァルトプログラム」を指揮してデビュー。その後同オーケストラの客演を重ね、2007年には、故ミラン・ホルヴァート氏の急病により代役として急遽抜擢され定期演奏会に登場した。またこれまでにリエカ・フィルハーモニー管弦楽団(クロアチア)、リュブリャーナ音楽アカデミー管弦楽団(スロヴェニア)、サラエボ・フィルハーモニー管弦楽団、スロヴェニア国立放送交響楽団、マケドニア・フィルハーモニー管弦楽団、オルテニア・フィルハーモニー管弦楽団(ルーマニア)、日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、浜松フィルハーモニー管弦楽団などに客演している。
 2008年、第28回マスタープレイヤーズ国際音楽コンクール(ヴェネツィア)の指揮部門にて、最高位並びにブルーノ・ワルター賞(Best Conductor & Bruno Walter Prize)を受賞。2009年にはイタリア、トリエステで行われた、「第1回ヴィクトル・デ・サバタ国際指揮者コンクール」にてファイナリスト3名に選ばれた。
 現在東京音楽大学講師。平成19年度、文化庁新進芸術家海外留学制度研修員。

お問合せ

日本交響楽団事務局
〒323-0023
栃木県小山市中央町1-1-1
小山市立文化センター内
TEL : 0285-22-9552
受付時間:9時~17時
email_office
PAGETOP
Copyright © 日本交響楽団_Nippon Symphony Orchestra All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.